<<08  2017,09/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  10>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お母ちゃん 死んだら あかん!!
母は、私の額に自分の額を重ね「大分熱有るみたいね!もう一度熱、計ってみよね!」       
そういって母は体温計を取り出し、私の脇の下に挟んだ。「しっかり挟んでなさいよ!」
「はい」「何か食べたい物ある?」「・・・おかいさん(お粥)が食べたい・・・白い
お米の・・・梅干の入った・・・。」「はいはい 作って挙げますからね、 

その代わり手や足を熱いからと言ってお布団から出さない様にね!」「うん・・・
コンコン ぜ~ぜ~」かなり熱が高そうなのと、喉がぜ~ぜ~いっているのは、
肺に迄悪い菌が入っているのではないか・・・。

以前私は、肋膜炎になった事がある。母は、それが心配だった、この当時病院は、
重症患者 の入院患者を診るのが精一杯で、風邪ぐらいでは往診には来てもらえなかった。
仕方無く母は、 無い知恵を絞りだし、東洋医学に有る
 ”体内に 入った菌は43度以上の温度で死滅する”
と言う言葉を思い出した。そうだ!温湿布をすれば苦しそうな息使いだけでも
楽になるかも知れない・・・。
 
母は、押入れの中に仕舞ってある  戦前に買った取って置きの真っ白なタオルを2枚
取り出し 温湿布の準備をしながら 「体温計、もう良いかな?」私は、脇の下に挟んだ体温計
を母に渡した。 母は、体温計を 見ながら眉を曇らせた。「39度近くあるね・・・!寒くない?」
「頭は熱いけど、 足が冷たいし、背中がゾクゾクするねん・・・。」「じゃ、湯たんぽ入れて
あげますからね」

温湿布の前に母は、火鉢の中のヤカンの沸騰したお湯の半分を湯たんぽに使い、
後の半分を 温湿布に使って手を真っ赤にしながら、指先に息をふ~ふ~吹きかけながら
真っ白な1枚の タオルをしぼって、私のぜ~ぜ~いっている胸に巻きつけてくれた。




Secret
(非公開コメント受付不可)

プロフィール

☆小さな天使☆

Author:☆小さな天使☆
戦争体験を主につずっています。その他思いつくままに・・・!
「お母ちゃん 死んだら あかん!!」と「父還る!!」のイラストは、お絵かきエデターを使ってマウスで描いています。トテモ難しいです。
性別 女性
年齢 ・・・!
好きなもの 平和 お花 芸術鑑賞
FC2ブログへようこそ!

蝶が舞い花の色が変わるブログパーツ(Twitter連携可)

毎日、花の色が変わります

リンク
リンク フリーです。どなたでも ご自由にどうぞ!
電力使用状況&電気予報
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧
こねこ時計 ver.1
Cats
Sweets
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Pika_Mouse
powered by
3ET
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。